您的购物车

"窯変蒼 ぐい呑" C - 備前焼

¥18,000
  • アーティスト:馬場隆志
  • サイズ:H6.5-6.7cm x W6.0-6.2cm x D6.0cm
  • 素材:陶器

焼き締めにこだわり、「使えるオブジェ」を創りだす。

陶芸作家 馬場隆志は備前焼作家である父親の影響を受け、幼少時代より自身も備前焼作家になることが夢でした。東京藝術大学で彫刻を専攻し、ただ使うための器ではなく造形的に楽しめる作品を創りたい、自分にしか創れないオリジナリティに満ちた表現を追求したいという想いから、その道の選択に至ったのです。

備前焼は、岡山県備前市伊部地区周辺で焼かれる日本六古窯のひとつである陶器です。

釉薬を一切使用せずに1200度の高温で焼き上げる焼き締めが備前焼の醍醐味です。

備前焼は土の性質、窯の入れ方、窯の温度変化、焼成時の灰や炭の性質などによって作らており、どれも同じ色や柄は生まれません。備前焼の深い茶色は備前焼に用いられる粘土に含まれる鉄が生み出す特徴的な色なのです。

しかし、馬場隆志は独自の感性と技術で通常の褐色土色ではなく青色を作り出す工夫を試みています。それは備前焼にとって以前にはなかったとても革命的な色であり、新しい世代の人の目も奪います。

備前焼は、高温で数週間焼くため堅く、これまですり鉢や壷などが作品の多くを占めてきましたが、現在では微細な気孔があり通気性に優れているため花入れや、微細な凹凸によりきめ細かな泡ができ、入れた酒の味も変化させることからビールグラスや酒器など多様なニーズに応えています。

馬場隆志は「使うことの出来るオブジェ」を追求します。 長きにわたる伝統を踏まえた上で、土の調合と登窯の焼成加減の妙により、どこまで独自の色彩変化を生み出せるかも、研究テーマなのです。

1983  岡山県に生まれ(備前焼作家馬場祥輔の長男)

2006  東京藝術大学 彫刻科 卒業

2012  JR備前片上駅前にモニュメント制作

              六本木ヒルズKu Ambienceにて個展

              米子天満屋 美術画廊にて個展(以降3)

2013  倉敷天満屋 美術画廊にて個展(以降2)

              阪急うめだ本店9階アートステージにて個展(以降1)

              八丁堀天満屋 美術ギャラリーにて個展

              国指定重要文化財 大橋家住宅にて個展

2014  岡山天満屋美術ギャラリーにて個展(以降1)

2015  福山天満屋美術ギャラリーにて個展

             イギリス ロンドン 大和日英基金ジャパンハウスギャラリー「The Power of Bizen

             イギリス デボン Kig berare studios&Gallery ワークショップと展示会

2016  新宿伊勢丹にて個展(以降1)

              中国北京 「匠心傳承」に招待出展と講演会を行う。

              松山いよてつ高島屋美術画廊にて個展

              台湾Gallery life seedingにてグループ展

2017  阪急うめだ本店美術画廊にて個展

              宮崎山形屋美術画廊にて個展

              鹿児島山形屋美術画廊にて個展

              天満屋八丁堀店、アルパーク、福山店、"萩と備前"の巡回展

              台湾Gallery life seedingにてグループ展

              鹿児島山形屋美術画廊にて個展

2018  大分トキワ美術画廊にて個展

              日本橋三越本店アートスクエアにて二人展

              下関大丸にて二人展

              中国北京「土火」に招待出展と講演会

              松山いよてつ髙島屋「現代作家陶芸展」に出展

              ベトナムホイアンに国際交流事業の一環で派遣

              米子天満屋にて二人展

              下関大丸「現代作家陶芸展」に出展

              京都髙島屋美術工芸サロンにて個展

              姫路山陽百貨店「人間国宝 現代人気作家展」に出展

              中国北京清化大学にて講演会

2019  長崎浜屋美術画廊にて個展

              山口井筒屋「現代作家陶芸展」に出展

              岡山天満屋美術ギャラリーにて個展