您的购物车

京都 五山の送り火

京都には葵祭、祇園祭、時代祭と並んで、五山送り火という京都の代表的な伝統行事があります。五山の送り火は地元では通称「大文字」と呼ばれ、毎年8月16日、夜20時から京都の町のライトが一斉に落とされ、五山の送り火が灯るという幻想的な行事です。そして、私たちはお盆の最初に迎えた先祖の御霊をあの世へ迷うことなく送り届けるのです。

 

 

 

京都市を取り巻く五つの山々に、文字や絵をかたどった巨大な焚き火が灯されていきます。これらの焚き火は、「右大文字」、「左大文字」、「妙法」と呼ばれています。他の2つの火はそれぞれ船と神社の門の形をしており、「舟形」と「鳥居形」と呼ばれています。古くから京都の人々の心に深く残り続ける行事ですが、五山の送り火の起源については多くの説があり、13世紀にルーツがあるとも言われています。

地域によっても様々な方法はありますが、一般的に、お盆の最初にまず先祖の魂を迎えるため、各家で迎え火を燃やします。つまり、家に帰る途中で先祖の魂が道に迷わないように日をたきます。お仏壇には果物、お食事、お菓子やお茶などを添えます。そして、お盆の時期は、先祖と一緒に過ごすのです。

送り火はお盆の終わりにこの世界に戻った先祖の魂を、向こうの世界へと導くことを目的とします。そして、五山の送り火が写しこまれた水を飲むと、病気を予防するとも考えられています。

このイベントは京都の夏の終わりであり、まだ非常に暑いですが、秋のシーズンに移る準備ができています。

わたくしごとですが、小学校の時によく大文字に植物採集やマラソンを目的に登っていました。なのでとても大文字は私たち京都の人々の日常に密接につながっています。残念なことに、最近の京都は高いビルが増え、昔のようにどこからでもこの大文字が見えるということはありません。

残念ながら今年もCOVIT-19のため行事は縮小となります。私はこの伝統行事が耐えることなく、次の世代に引き継がれることを切に願います。

次号もご期待ください。

继续阅读